前のページに戻るTOP ホーム > 新着情報 > 腕時計の専門知識/区分け方法
腕時計の専門知識/区分け方法
  ■「腕時計の区分け方法」
 

 腕時計の区分けって・・メンズとレディースくらいではと思う方が居ても当然です。また電池式とゼンマイ式がある事くらいは知っています。これ位が普通の方ですか。折角このサイトにたどり付いた限りはもう少し知って頂きましょう。

この「腕時計の区分け方法」は、下図の「機械式→手巻き→自動巻」そして「クォーツ式→電波腕時計」と読み進んで頂く順番になっています。

腕時計は1970年代半ばまでは「機械式」が当たり前でした。今は「クォーツ式」が当たり前になっています。当たり前過ぎて、わざわざ「クォーツ腕時計」と言っても分からない方も居ますね(;^_^A。クォーツ腕時計は言い換えれば2005年の今では「クォーツ=電池の時計」といった認識で良いでしょう。

今の時代は腕時計に特別に関心が無い限りは「腕時計の精度」と言っても「狂わないのが当たり前」だと思います。「クォーツ腕時計」の精度は「月差」(げっさ)と言ってカタログなどでは「月差±15秒」と書いてある表記の事です。実際には15秒も誤差が出る腕時計は少ないです。それでも十分な精度ですが年差クォーツとなると「一年で±10秒」くらいですね。これなら充分過ぎですが「電波時計」は誤差「0」です。分け方は上記図にありますが「何で動かしているか?」で分けています。古い時代は電気が無かった訳ですから「ゼンマイで動かす機械式」。その後は「電池で動かすクォーツ式」となります。

この「発電式」や「光発電」は電池交換は必要が無いですが、腕時計の内部には「電気を蓄えておく充電電池(二次電池)」が入っています。よって 「クォーツ式は電池で動く」としても良いのですが。上記図で「電池」ではなくて「電気で動く」と表記しましたのは「電池で動く」と書けば「電池交換が必要」と誤解を避ける為ですからご理解ください。基本的には「クォーツのグループ」は電池で動いてます。

腕時計でも「機械式腕時計」つまり「自動巻と手巻きを合わせて」別の呼び方で「メカウォッチ」とも言います。この頃の腕時計の精度はクォーツの様な月差ではなく「日差」(にっさ)で測ってました。よって上記図にもありますが「ロレックスも自動巻」である限り。かなり高価な腕時計ではありますが「日差」で動きます。また、自動巻である限り「数日腕から外せば時計は止まります」。

  ■1.スイスETAムーブと廉価版ムーブ区分け方法
 

  ■2.ブライトリングの、ラバーベルトの詰め方{はずし方}
 

 

3.シードゥエラーディープシーのバックル調整方法

 
 

■4.Asian 7750搭載 21600振動時間誤差調整方法

  A方向に向いて調整しましたら早くなる
B方向に向いて調整しましたら遅くなる
  ■5.7750自動巻き時計操作マニュアル
 

【自動巻きについて】
ご到着時は輸送期間の関係上ゼンマイが空の状態です。
自動巻きとはいえこの状態ではまったく稼動しません(不動NGの殆どはこれです)。
お手元に届きましたら先ず竜頭を開放して頂き手巻き作業を行ってください
20〜30回少し多めにこの作業を行ってください。
自動巻き時計は巻き過ぎてゼンマイが切れ無い機構になっていますのでいくら巻いても問題ありません。
通常ならこの作業の途中で秒針が稼動して行きます。
この作業を行っても不動の場合は掌に時計本体を少しきつめに数回当てて下さい搖動手表。
これで殆どの時計は稼動致します。
後は、日常使用で内臓の巻き上げ機構が(ローター)が補助をしてゼンマイを自動的に巻き上げてくれますので問題なくご使用していただけると思います。

【クロノグラフ機構について】
クロノグラフは複雑な機構を持つメカですので御使用の際には手順に従って、ご使用する事をお勧めいたします(操作ミス&過度の反芻操作は確実に壊れます)。
2時位置のプッシャー(ボタン)でセンタークロノ針を操作いたします(通常は12時位置に停止)。
2時位置のプッシャーでスタート&ストップの操作を行います。
2時位置のプシャーで必ず計測を停止(クロノ針を止めてから)した後で4時位置を操作してリセットして下さい。
4時位置のプシャーでリセット(12時位置に戻ります)クロノグラフ作動中は絶対に4時位置の操作は行わないで下さい(確実に壊れます)。

 

■6.ETA日差調整方法

 

■7.オメガビン式ベルトの調整方法

 
 

■8.コンキスタドールのベルト調整方法

 
  ■9.ブライトリング革ベルトはめる方法
 
 

■10.スイスETA竜頭取り外す方法

 

1番部分を力少々入れて押した状態で竜頭を取り外してください。

  ■11.クロノ及びカレンダー調整方法
  クロノ作動及びカレンダー調整は時計の針5時から8時間でカレンダー調整したほうが良いです。
時計の針が他の位置にして調整した場合故障しやすいです。
オリジナルも同じです。
  ■12.パネライ6497日差調整方法
 

1番部分を上方に回すと進む、下方に回すと遅れる。
2番部分は微調整です、右に回すと遅れる、左側に回すと進む。

 

■13.J12レディス セラミック竜頭取り外す方法

 

1番部分を力少々入れて押した状態で竜頭を取り外してください。

  ■14.デイトナ革ベルト調整方法
 

添付写真1番部分を内側押しつけて調整すれば宜しいです。

  ■15.クロノ作動方法
 

1番ボタンを押すと、3番秒針が動きます。再び1番ボタンを押せば3番秒針がストップします。
2番ボタンを押すと3.4.5番秒針がリセットします。
6時位置にスモセコを移行!永久秒針。
9時位置12時間積計算!クロノ連動「1番ボタンを押して機能稼動中に1時間1回動きます。」
3時位置30分積計算!クロノ連動「1番ボタンを押して機能稼動に1分1回動きます。」

  ■16.廉価版7750 28800振動時間調整方法
 
  ■17.時計内部グラグラ音がする場合
 

  ■18.ロレックス バックル調整方法
 

  ■19. ETA社 2846日差調整方法